介護保険で住宅改修費が支給されます

ビル

介護保険により住宅改修費が支給される場合があります。
要介護者の暮らしを改善する目的で、手すりを取り付けたり、段差を解消したり、床や浴室を滑り止めの素材に変えたり、引き戸や扉やドアを変えるなどの改修工事をする場合、改修後に支払い限度基準額(20万円)の9割(18万円)を上限とする金額が償還払いで支給されます。
ケアマネージャーからの提案あるいは本人や家族からの申し入れによりケアマネージャーとの相談後、ケアマネージャーと施工者を交えて見積書を作ります。
提出するものは、支払申請書、理由書(ケアマネージャーによる改修の必要性を書いた書類)、見積書、写真または図面です。
工事を施工し完成後に、領収書や改修前後の写真を提出します。


Menu

最新情報