介護のために住宅改修をするメリット

ビル

自宅で高齢者や自力で生活することのできない障害者を介護する場合、住宅改修をして手すりを付けたり段差をなくすことで介護の負担を軽減することができます。
車いすでの移動がスムーズになったり、手すりを使用して歩行のリハビリをすることができるなどのメリットが考えられます。
段差がないのでつまずいて転倒するといった危険も減少され、今まで頼みづらかったヘルパーや入浴介助などの仕事をとまどうことなく依頼することができるようになります。
さらに住宅改修をすることで介護される側も自力で生活しようという気持ちが芽生え、積極的にリハビリを行うようになるという効果も期待できます。
住宅改修には介護保険を使うことができるので、住宅改修にかかった費用の負担を軽減することができるというメリットもあります。


Menu

最新情報