介護目的の住宅改修について

ビル

高齢化社会で増えてきているのが、住んでいる家の住宅改修です。
今の住んでいる家に、手すりを付けたい、段差をなくしてスロープにしたいなどと、本人はもちろん介護する人にとっても手助けとなるので、介護にともない住宅改修を考える人は増えてきています。
住んでいる地域により少し違いはありますが、工事費の助成を受けることができます。
お金を払う方法も、給付券方式や償還払い方式などがあるので、負担の少ない方法をとることをオススメします。
新築住宅では使用できないので、一度住んでから住宅改修の助成の手続きをする人もいます。
最近では新築住宅を建設時に、手すりの下地だけ設けておく事も多く、将来のことを考えて住宅を建設する傾向にあるといえます。


Menu

最新情報