自宅で介護を行うための住宅改修

ビル

自宅で介護を行う場合には住宅改修が必要となります。
まず移動空間で必要となるのが玄関、廊下、階段などへの手すりの取り付け、段差の解消、滑り止めもなどの住宅改修です。
それ以外に大きな住宅改修が必要となるのはトイレとお風呂です。
トイレに関しても段差の解消や手すりの取り付けは必要ですし、洋式便座への切り替えも重要なポイントです。
また、車イスや介護者が動ける程度のスペースを確保する必要もあります。
お風呂場に関しては特に危険な場所ですので、段差の解消、手すりの取り付け、滑り止めの解消は当然必要ですし、浴槽への出入りを楽にする為に比較的浅いユニットバスに切り替えることや、介護者が動けるスペースの確保することも重要です。


Menu

最新情報