革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

介護に向けた住宅改修

ビル

介護は、だれにとっても無関係ではない時代になりました。
また、若い人であっても、突然の事故や病気にならないとも言い切れません。
そうならないのが一番良いのですが。
介護に向けた住宅改修で、最優先したいのがバリアフリーです年齢とともにひざにガタが来るといいますが、小さな段差でころびやすくなります。
ですから、玄関の上がり口を、スロープなどゆるやかな傾斜にする人も多いです。
また、団地住まいでは自力での住宅改修が容易ではないため、階段に手すりを設けることも増えました。
階段だけではなく、お風呂やトイレ、寝室などにも手すりを設ける例が多いです。
経済的に余裕があるお宅では、エレベーターを設置する場合もあります。
他にも、昔ながらの浴槽ならステップを設けたり、低い浴槽に住宅改修しているケースもあります。

頭痛でお悩みの方は、一度診察にお越し下さい。

歯科医の為の自動化システムをご紹介致しております。

診療予約制の病院です!

身体をほぐし筋肉の動きを促します。

最新情報

ほほえむ女性

介護目的の住宅改修について

高齢化社会で増えてきているのが、住んでいる家の住宅改修です。
今の住んでいる家に、手すりを付け

葉っぱ

介護のために住宅改修をするメリット

自宅で高齢者や自力で生活することのできない障害者を介護する場合、住宅改修をして手すりを付けたり段差を

ほほえむ女性

介護保険で住宅改修費が支給されます

介護保険により住宅改修費が支給される場合があります。
要介護者の暮らしを改善する目的で、手すり

髪を掻き上げる女性

自宅で介護を行うための住宅改修

自宅で介護を行う場合には住宅改修が必要となります。
まず移動空間で必要となるのが玄関、廊下、階